利尻ヘアカラートリートメントナチュラルブラウン4回目

利尻ナチュラルブラウン前回と1か月以上空いてしました

 

 

利尻ヘアカラートリートメントナチュラルブラウンの白髪染めは
3回目と4回目で1か月以上空いてしまいました。
上の写真が塗布前の髪と頭皮です。

 

 

正直言って、2週間目くらいから、若干色が落ちているのかなあ、
という程度でした。
接客業などをしている方は、この時点で、染めなおしをしたほうが
いいです。

 

 

でも、ほとんど家にいて、外出と言ったらスーパーに食料品を
買いに行く程度であれば、全く問題なしの色落ちです。

 

 

この状態で、もう1週間経つと、さすがにちょっと白髪の色落ち
が、はっきりわかります。
このくらいで、染め時だなあと思いました。

 

 

ところが、いざ白髪染めをしようとすると、体調が悪かったり、
急な用事がたてこんだりと、結局1か月以上空いていまいました。

 

 

でも、なんでこんなに空いてしまったかというと、白髪がそんなに
目立たなかったからなんです。
白髪にうっすらよりちょっと濃いめの色がついていたからなんです。

 

 

なんだか、ものすごく得した気分です。
それにしても、こんなに色持ちしたのはどうしてかなあ、と
考えてみました。

 

 

まず、シャンプーが1日おきだったことです。
やはり、シャンプーするたびに色が少しづつ落ちていきます
ので、毎日シャンプーするよりは、色落ちしませんでした。

 

 

また、今使っているマイナチュレシャンプーとマイナチュレ育毛剤
で、髪が元気になってきていることも関係があるのかなあ。

 

 

マイナチュレの育毛剤の定期便を延期してもらうために、
コールセンターに電話をしたら、シャンプーの成分は、色落ち
しずらいように研究して配合しているので、お客様から、色落ち
しずらいと喜んでいただいている、とのことでした。

塗布量がすくなかったようです

さて、今回も、素手に液剤をたっぷりと出して、塗布したんですが、
前回染めた時よりも、髪が伸びているのに、ちょっと足りないなあ、
と思いながらも、液剤の塗布量を増やしませんでした。

 

 

後から計ってみたら、19gだったので、明らかに髪に対して
少なかったです。

 

 

利尻で白髪染めをした日は、少し肌寒かったので、ビニールキャップ
の上から、7〜8分ドライヤーで温めてから保温キャップをかぶり
7〜8分くらい湯船に浸かりました。
合計の放置時間は15分くらいです。

 

 

すすぎの時の色水の出方は、いつもどおりでした。
シャンプー後のすすぎの時の髪の手ざわりは、管理人にとって
髪にハリがあってフワッとする時のキュッとした感触です。

 

 

そして、仕上がりは、ちょっとムラに染まりました。
やっぱ地塗布する液剤が足りなかったようです。
面倒くさがらないで、塗布量を増やすべきでした。

 

 

でも、若干ムラに染まりましたが、染めなおさなければならない
ほどではありません。
ナチュラルブラウンという明るい色と地毛の色とがうまくマッチ
しています。

 

 

金髪のような明るさはないですが、ちょうど栗色のような色合い
になるので、管理人は結構すきです。

 

 

残念だったのが、大量が優れなかったからなのか、急に寒くなった
からなのか、シャンプーの間隔を2日空けたにしても、抜け毛が
182本と多かったことです。

 

4回目塗布後の髪と頭皮です(塗布量:19g 抜け毛:182本)