利尻ヘアカラートリートメントの成分

利尻ヘアカラートリートメントの成分について

利尻ヘアカラートリートメントには、利尻昆布から抽出したフコイダン、天然植物であるクチナシ、アナトー、シコンなどの天然植物成分が含まれています。
これらの成分について調べてみました。
どの成分がどのようなものなのか、読んでいただけると、幸いです。

利尻ヘアカラートリートメントの成分記事一覧

利尻ヘアカラートリートメント 成分表

水(特殊水)・ベヘニルアルコール・ステアラミドプロピルジメチルアミン・ミリスチルアルコール・パルミチン酸エチルヘキシル・ミツロウ・リシリコンブエキス・ローヤルゼリーエキス・アルギン酸Na・加水分解シルク・加水分解ケラチン・カキタンニン・乳酸・乳酸Na・水添ヤシ油・ローマカミツレ花エキス・ローズマリー...

≫続きを読む

利尻昆布のお話

ウィキペディアによると、利尻昆布は、真昆布や羅臼昆布に次ぐ高級品で生産地は利尻島、礼文島および稚内沿岸であり、利尻島のものが最高級品とされる。味は前者より薄いが、澄んでおり、やや塩気のあるだしがとれる。素材の色や味を変えないため、懐石料理や煮物で重宝される。また、肉質が硬いため高級おぼろ昆布やとろろ...

≫続きを読む

クチナシ・ウコン・アナトー・シコンのこと

クチナシクチナシは、アカネ科の白い花なんですよ。果実が熟しても割れないから「口無し」という名前になったという説もあるんですね。果実にはカロチノイドの一種・クロシンが含まれています。乾燥させた果実は古くから黄色の着色料として用いられてきたんですよ。また、発酵させることによって青色の着色料にもなるんです...

≫続きを読む

パラベン・香料・鉱物油について

パラベンとは、一般的な化粧品に使われている防腐剤なんですね。正式名称は、パラオキシ安息香酸エステル類というちょっと長い名前です。パラベンは防腐効果が高く、安くて大量生産できて、保存がきくため多くの化粧品に使われているんですね。ところがパラベンは、肌にとっては負担になる成分なんです。化粧品やシャンプー...

≫続きを読む

オタネニンジンエキスについて

利尻ヘアカラーとリーとメントには、オタネニンジンエキスが配合されてますよね。オタネニンジンエキスとは、ウコギ科の植物オタネニンジン(朝鮮人参、高麗人参)の根から抽出されるエキスなんですね。オタネニンジンエキスは、皮膚の老化を防ぎ、乾燥した肌を保湿する働きがあるんですね。朝鮮人参や高麗人参って漢方薬と...

≫続きを読む

天然成分カミツレエキスの効果について

完全無添加の利尻ヘアカラートリートメントには、天然成分のひとつとしてカミツレエキスが含まれています。カミツレっていうとピンとこないかもしれませんが、カモミールといったらば、あぁ〜、あのハーブって気がつく方がいるのでは?お花の形から想像できることと思いますが、キク科の植物なんですね。頭皮に対しては、フ...

≫続きを読む

フコイダンのすぐれた効果

利尻昆布に多く含まれるフコイダンですが、フコイダンは、癌に対して有効かつ効果的だと言われています。正常細胞にほとんど影響を与えず、癌細胞だけを崩壊させる作用があるといわれています。アドポーシス作用と呼ばれる「悪性細胞を自滅に追い込む」という作用があるんですね。もうひとつ、注目されている役割が保湿効果...

≫続きを読む